忍者ブログ

annの徒然ときど記

徒然なるままに時々書く日記

2017.05.26 Friday 08:59

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010.01.18 Monday 23:20 病院と体調

やっぱり。。。

しかし。。。最近カテゴリーが「病院と体調」ばかりだな。。。

さて、今日は歯医者の日。
先週の歯根破折(歯の根っこが割れたの)と思われる一件をどうにかしようと言う日。

予約の時間に歯医者さんに到着。
その後すぐ呼ばれて、患部を見てもらう。
「うーん、腫れてるな。。。」「はい、腫れてます」
そうなのだ、また腫れだしたのだ。痛みは無いけれど。
先生に「痛いですか?」と聞かれ、「痛くは無いです。腫れてるだけで」と
元気に返事をする私(そう言う問題か?)。
「じゃ、クラウン(歯の被せ物)を外して、歯の状態を確認しましょうか」
内心、待ってました!

実は、歯医者さんへの道すがら、また腫れてきちゃったの、
切開して膿を出しますとか言われたら、また長引いちゃうなぁ~。
いっそ、クラウン外して、歯根破折かどうか確認して、
破折していなければ根管治療(神経を抜く治療)をしたところを
掘り返してもらえば、膿もそこから抜けるし、破折していれば、
先に進めちゃえば良いかなぁ~なんて思っていた。

で、クラウンを外してもらう。歯が悪くなってからずっと考えていたのだが、
この歯を治療したのは1981年だったような。。。
某大学の歯学部の病院で治療したような。。。
1981年の夏(なぜ覚えているのかと言うと、故ダイアナ妃が
チャールズ皇太子と結婚したのが丁度その頃)、
この歯が歯冠破折(歯の見えている部分(上の方)が割れる)して、
保険の使えない場所にいた私は、化膿して激痛に苛まれ、
やむにやまれず、割れてぐらぐらになった根っこの無い部分を
ぶちっと自分で抜いたのだ(無茶な!良い子は真似しないでね~)。
その後、すぐに血と膿がすっかり出てしまい、痛みがすっかり無くなり、
保険の使えない場所にいたほぼ1ヶ月を快適に過ごせたのだ
(本当に良い子は真似しないでね。感染症を発症する危険性もあるんだから)。
今考えると、無茶な事したけれど、結果オーライで細菌感染もせず、
化膿もせず、よく持ちこたえたなぁ~。その後、帰ってきて、掛かりつけだった
某大学の歯学部の病院で治療したのだ。

で、本題に戻って、クラウンを外してもらうとやっぱり歯根破折
やっぱり~
先生も、「これは抜くしかないですね。」と一言。
割れたところに空洞が出来て、そこに膿が溜まるのだ。
もう、どうにも出来ない。
私、「解りました。抜歯ですね。」
先生「そうですね。で、後日抜きますか?今日抜いちゃいますか?」
私「今日抜いちゃってください!」(きっぱり!)
抜くのは怖くは無い。人の抜歯を手伝ってきたんだもん。
それに、某大学の歯学部の病院に通っていたとき、
親知らずを2本も抜いているし。

親知らずと言うと。。。豆知識。
最近の人は顎の骨が退化していて、顎が小さいために八重歯などの
歯列が乱れた人が多いけれど、実は親知らずも退化していて、
元から生えない人がいるのだとか。埋まっちゃって表面に出てこないのではなく、
もう、レントゲンで見ても痕跡すらない。
つまり、成人の歯は親知らずも入れて32本だが、初めから28本の人もいるのだ。

ちなみに、私は親知らずを入れても30本の人。丁度中間で、2本だけ親知らずが
埋もれてて、残りの2本は陰も形も無かった。
もう一つちなめば、その2本の親知らずは、どちらも横向きに埋まっていて、
しかも隣の歯を押して生えようとしているため、痛みはまだ無かったが放置できなかった。

で、元の話に戻ります。
親知らずを抜くときは、難抜(面倒くさい抜歯)で、全然表に出てきていなかったので、
切開して抜くのですが、これがまた厄介で隣の歯の根っこにくっつくように埋まっていて、
引っ張っただけじゃ抜けなくて、歯茎の中で親知らずをいくつかに割って取り出す手術だった。
使った器具は「木槌。。。(鏡餅じゃないって。。。顔は似てるけど)
しかも私から丸見え。目隠しなんかしてくれないもん。
で、ゴンゴン、ゴリゴリ、分割して取り出してもらいましたわ。。。

なので、ふつーの抜歯は?ふつーでしょ?って感じなのだ(他の人から見ると
その感性の方が異常だって。。。)。

で、本日抜歯いたしました。麻酔を打ってもらって、一応、下顎左6番(下あごの左側
前歯から6番目(奥から2番目)の歯)は根が広がっているため(根が2本あって広がっている)、
抜きやすいように2分割。
削りながら二つに分けて、前歯に近い方を先に抜く(割れていない方で、
そちらの根っこの方が細くて短かった)。ちょっと休んでいる間に、
私は自分から離れていった歯を見つめていた。
長い事、私の口の中にいた歯が、今はトレーの中でコロンと転がっているのを
不思議な気持ちで見ていた。

そして、残り半分の歯を抜く。
先生「デンタル(1歯分のレントゲン)を撮りましょう」
おおー、デンタルをここでは初めて撮るぞ~。わくわく。
でも、デンタルは昔と変わらず、フィルムを撮りたい部分の裏側に合わせ、
それを自分の人差し指で押さえ、ほっぺの外からX線を照射する。
なつかし~。これこれ。

そして、止血用のガーゼを噛みながら暫く安静に、先ほどのユニット(治療用のイス)
に座る。私の横には抜いた歯が3つの破片になって、トレーの中に。
歯が有った時のレントゲンと、実際に抜いた歯を見比べながら、
少し寂しい気分になった。じーっと見比べた。
じーっと破片を見ていた。。。

すると、別の先生が「持って帰りますか?」
私、(爆)「バレちゃいました?」
先生(苦笑)「いま、洗ってきますね。血だらけだから」
私「お願いします」
どうやら、私は置いてきぼりを食ったワンコの様に、離れたく無いモード全開で
抜いた歯を見つめていたようだ(^^;

へ、変だ!抜いた歯を持って帰るなんて変だ!と他の人は思うだろう。
私も変だと思う。これも、某大学歯学部の病院で、初めて抜歯をした時、
インターンの方に「記念に持って帰ってね」と言われて、ほぼ強制的に
お持ち帰りさせられたのが始まりだった。
以来、抜いた歯をお持ち帰りするのがお決まりだった。分解した親知らずも。

お陰で、歯科助手をしている時に、解らない事があると、その歯を出して
ここが舌側、歯根部は。。。などと密かに勉強していた。
どこで役に立つか解らないものだ。
その歯も、住んでいたアパートの火事で火葬されてしまったが。。。

かなり痛むかな?と思ったけれど、前回の歯茎を切開して膿を出した時より
全然痛まない。痛くないというと嘘になるが、激痛ではなく鈍痛。
もちろん、腫れている。ほっぺも片側。(ある意味両方腫れているが。。。
って、それは太ったからか。。。)でも、痛みはずーんとあるだけ。
良かった良かった。後は、抗生物質でむくみが来ない事を祈るだけ。
あ!鎮痛剤で胃はすっかりやられちまいましたが(前回)。
その胃も治らないまま、また鎮痛剤ですが。。。
食欲不振と胃もたれで、少しはダイエットになるかぁ~?

次は、抜いた部分の治癒を待って、その間に、どんな風にするのかの
相談だ。1 入れ歯 2 ブリッジ(抜いた歯の両脇の歯を支えにして、
抜いた部分に橋をかける) 3 インプラント うーん、またもや三択。
インプラントにしたいけれど(ブリッジは他の歯を削って橋にしなければ
いけないので)、保険は適用にならないので。。。どうしよう。。。
うーむ。とりあえず入れ歯を作って、お金が溜まったらインプラントにするか?
(いつ溜まるんだ?)またまた、小さい悩みが増えてゆくのでした~。

拍手[0回]

PR
 
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント

 
この記事にトラックバックする

この記事へのトラックバック

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

私の事

HN:
ann
性別:
女性
職業:
国試受験生
趣味:
鎌倉散歩・着物を着ること
自己紹介:
散歩が好きで、鎌倉が好きで、着物が好きで、
歌う事が好きで、写真が好きで、おしゃべりが好きで、
読書が好きで、食べる事が好き。

しょっちゅう暴走して、人を巻き添えにしたり自爆して、凹んだり、
根性無しで三日坊主。ランナーと言うよりスプリンター。
意外と寂しがりで、構ってもらいたがり。
いっつもツッコミしてるけど、本当はボケ。
お世話係も嫌いじゃないけれど、お世話して欲しい甘ったれ。

そんな私が徒然なるままに、時々更新する日記なので
「徒然ときど記」です。

時折、暴言、ボヤキも入りますが、ま、気軽に読んで
くださいまし。文章が長いのがたまにきずですが。。。

コメントは大歓迎です。励みになって「ときど記」が
「日記」になるよう精進できるかもしれません。
をいをい私、自信が無いのかいっ!!
はいっ、自信は有りませんが、いつか日記になったら
いいなって思っております。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

annへのお便り

annへのお便りはこちらへどうぞ。 キリ番報告などもこちらからどうぞ。 そのほか、連絡など何か有りましたら お気軽にご連絡ください。

カウンター

最新CM

[10/17 Melanie]
[03/16 ann]
[03/15 ハンズママ]
[03/13 ann]
[03/12 とんぼ]

バーコード
ブログ内検索

アクセス解析
お天気情報
OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH